リンカーンとアベンジャーズ

リンカーン/秘密の書はおもしろいですね。口コミを調べました。ヴァンパイアハンターっていうよりゾンビハンターぽいけど3Dで首をすっ飛ばし血しぶきを上げる演出は間違っていない。ダサイリッシュな映像からは新しいことをやってやろうという製作陣の野心がビンビンに感じられ、なんかイイ。
リンカーン/秘密の書はおもしろいですね。リンカーン/秘密の書はおもしろいですね。口コミを調べました。あと「もっと欲張れよ!」っていうくらいザックリと話が進むことも特徴だと思う。105分が瞬時に終わる…w
リンカーン/秘密の書はおもしろいですね。口コミを調べました。普通のシーンでの3D感はまあまあだけど、アクションシーンが多いので迫力のある映像になってる。
口コミを調べました。アメリカの初代大統領・リンカーンは実はヴァンパイアハンターだったといういきなりぶっ飛んだ設定だが、日本人にはそこまで馴染みがないのが残念なところ。
リンカーン/秘密の書はおもしろいですね。口コミを調べました。南部の奴隷制は実はヴァンパイア達の餌調達のためとか、リンカーンの斧のエピソードをうまく絡ませるあたりさすがハリウッドさんは目の付け所が違うと関心した。
口コミを調べました。ストーリーはうーん、ごく普通かな。
ただ、ヴァンパイア達との戦いは3Dもあって迫力満点。PG12だけあって、首が派手に飛んだり血しぶき上げたりと色々とやらかしてくれる。まぁ要は頭空っぽにして楽しむ作品ですな。うん。
リンカーン/秘密の書はおもしろいですね。口コミを調べました。「ウォンテッド」のティムール・ベクマンベトフ監督によるトマホークを振り回すヴァンパイア・ハンターという荒唐無稽なリンカーン像はグリフィスやジョン・フォードが描いたそれとは180度異なるがこれはこれでアクションとしては楽しめた。
口コミを調べました。流されるだけに見える主人公がキャラクターとして弱い。
短絡的な性格で応援できず。
リンカーン/秘密の書はおもしろいですね。口コミを調べました。意外とアクションが少なめで拍子抜け。
“ヴァンパイアの浸食に対抗するアメリカの戦い”として観れば、やや面白いが、印象に強く残るほどではない。
リンカーンの史実をうまいこと活かして、
荒唐無稽を彩ってはいたものの、それだけ。
口コミを調べました。何だか気が付いたら急に大統領になってるし、南北戦争を無理やり人間VSヴァンパイアの戦争に仕立て上げてる強引さはどうなんだろう。違和感ありすぎの老けメイクにも興ざめ。ダニエル・デイ・ルイスの「リンカーン」に期待(?)
口コミを調べました。2D版を鑑賞。リンカーンの行った奴隷解放と南北戦争の裏には黒人を犠牲者とするバンパイアとの戦いが隠されていた、というバカバカしい発想が楽しい。
口コミを調べました。T・ベクマンベトフ監督は歴史の裏側に潜むトンデモ説が好きみたいで、「高慢と偏見」をゾンビと組み合わせた小説を発表したセス・グレアム=スミス(原作・脚本)やティム・バートン(製作)とは相性がいいみたいだ。物理法則を無視して弾道が曲線を描いていた「ウォンテッド」に続いて、暴走する馬の集団上を人が飛び回る華麗なアクション場面がとことん徹底していて魅せてくれる。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>