「マネジメント」を考えるのが、何だか時間だったりする

立春の前日に婚姻を執り行うというのも、節分を楽しむ1つのしかたかもしれません。縁起も良いですし、断然、「マネジメント」に苦労しないですむという、裏面の楽しみがあります。

<華やかな婚姻を節分に>
婚姻といえば、その「マネジメント」を考えるのが、何だか時間だったりするものです。

マネジメントプランナーのユーザーに頼んでも、結構画一的ものとなりますし、自分で計画していらっしゃるような余白もありません。しかし、それを節分の日に調整するだけで、たとえば型内輪のプチまきをできたり、恵方巻きをまるかぶりしたりといった、無条件で盛り上がります。

しかも節分は元々「魔」を支払うための催事なので、二人の尖端出を祝う上でも、何やら素敵な催事となります。みんなでプチを撒いて、式場を煎りプチだらけにしちゃおう!?

ちなみに、実に行われた節分の婚姻のマネジメントには、次のようなものがあるようです。

◎新郎が「鬼」にチェンジ!
お色直し昔、新郎が鬼のおポイントをかぶって子どもたちからプチを投げてもらい、それから止めるという形でお色直しに向かう、というマネジメント。どうもさり気なくて、素敵ですよね。

◎「焼嗅」を式場の前に
いわしの脳裏を柊の枝に挿して飾り付ける「焼嗅」を式場の前に置いて、魔を支払うというユニークなマネジメントをした夫妻もいるとか。これで式場に、遺恨のある係が来ることもない!?

せっかくの婚姻だ。節分のみならず、日本の俗習類文明にかこつけて執り行い、楽しむためのマネジメントを決めるのも良いでしょう。多分カップルにおいて天命の記憶となるはずです。

元々節分は、時機のポイントごとに、豊かな実り・無病息災を願って、不運の代表たる鬼を支払うためにプチを撒く催事だ。つまり、「魔除け」としての要項があります。

そういった意味では、これを「厄払い」「厄落とし」の機会と考えてもいいでしょうね。

<厄年の側は節分で払おう>
仮に来季厄年を迎えるというユーザーがいれば、節分の日に厄払いしてもいいかもしれません。

もちろん、本来であれば厄払いというのは、その年代が明けてからすぐに行うべきものではあります。ただ、現在は2月3日前後の立春の前日に受ける節分ですが、もともとはこちら、「旧新春」でした。その旧習を特典類に再燃させて、厄払いするのも良好でしょう。

何となく「秘策」みたいなトーンをしていますが、いざ、節分の日に厄払いをするユーザーというのも、どうしても少なくありません。お寺や神社では、年々節分には多くの厄年たちが集まります。プチを撒いて鬼を払い、ついでに自分の厄を落として貰うのも、良いのでは?

とはいえ、現在の暦からすると、節分の日まで厄払いをしないというのは、1か月以外厄がついたとおり暮すについてになります。ただ、これも神社の人の話によると、「厄払いは新春から2月のあいだにすれば嬉しい」という、大いにざっくばらんなしきたりのようです。

家事がいるわけでもないし、何か式事に参加するわけでもないという厄年ちゃんは、いっそ節分の日に神社に赴いて、厄を払い、プチを撒いて鬼を支払うという良いでしょう。これも節分を楽しむ方法の1つです。ハニーココ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>